平成24年度「温室効果ガス排出削減量連動型中小企業グリーン投資促進事業」

1.事業概要

これから低炭素型設備を導入する中小企業者の方々に対し、当該設備の導入・稼働によるCO2の排出削減見込量に応じた助成金を支給します。
    平成24年度温室効果ガス排出削減量連動型中小企業グリーン投資促進事業(2次公募)のPR資料(pdf形式/3.2MB)

2.公募期間

  • 平成24年9月3日(月)~平成24年10月31日(水)
  • 平成24年11月中旬に交付の決定(予定)

3.助成金額及び計算期間

  • CO2排出削減見込量(トン)(設備稼働開始日から5年分)×4,000円

4.助成対象者

以下の条件を共に満たす方が対象になります。

  • 国内クレジット制度の運営規則に規定する排出削減事業を行う者
  • 自主行動計画に参加していない企業(個人事業主を含む)

5.助成対象設備

以下の条件を全て満たす設備が対象になります。

  • 国内クレジット制度の排出削減方法論を適用できること。
  • 交付決定後に設備導入の契約および工事着工を行うこと。
  • 原則として平成25年3月末迄に設備の稼働を開始すること。

*排出削減方法論は以下のURLをご参照下さい。
  URL: http://jcdm.go.jp/process/methodology.html

6.交付額の確定

助成事業者が申請時に提出する国内クレジット制度運営規則上の排出削減事業計画に対して、
運営規則に定める審査機関が審査報告書を発行し、導入工事完了届出書における設備の導入
に要した経費の明示を受けた後、に交付額を確定します。
*1)助成金の額は助成金申請書に記載した助成金見込額を超えられません。
*2)助成金の額は設備の導入に要した経費の3分の1が上限です。

7.実績報告

原則として、平成25年3月末から平成28年3月末の各年3月末時点及び助成対象期間の
最終日時点の5回に分けて排出削減実績報告を提出し、国内クレジットの認証を受けてください。

8.国内クレジットの取り扱い

  • 当該助成事業により助成対象期間に創出された国内クレジットは、全て弊機構が取得します。
  • 5回提出する実績報告の都度、国内クレジットの認証手続きを行って下さい。

9.助成金の精算について

実際に削減された温室効果ガスの量(実績値)が交付額の算出根拠となった温室効果ガス排出
削減見込量(見込量)を下回った場合、全ての排出削減実績報告書の提出を終えた時点で、
見込み量に対する実績値の割合に応じて助成金を返還していただきます。

10.平成25年度以降国内クレジット制度が継続あるいは新たな制度に承継された場合

新たな制度に則ってクレジットの認証手続きを行い、クレジットの認証を受けてください。

11.お問い合わせ先

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-11-5 住友不動産日本橋本町ビル6階
一般社団法人 低炭素投資促進機構
グリーン投資業務室
TEL : 03-6264-8019 FAX : 03-6264-8020
E-mail : green@teitanso.or.jp
※平成27年3月より上記に移転しております。

12.1次公募について